もりのぶ整形外科のリハビリ内容

主な対象疾患

病気やケガによって運動機能障害をもった人を対象とし、医学的治療や治療的訓練を実施する診療科です。

疼痛やしびれなどの自覚症状を軽減し、失われた機能を回復させるよう努め、残された能力を最大限に引きのばすための治療や訓練を行います。

腰痛(変形性腰椎症、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症など)、肩関節周囲炎(四十肩、五十肩)、骨折、関節リウマチ、変形性膝関節症、変形性股関節症、頸椎捻挫(むち打ち)、脱臼、靭帯損傷(捻挫)、腱鞘炎、スポーツ障害、など。

リハビリ内容

リハビリ室の待合

電気治療器を使った治療では導子をつける時に多少肌が見えることもあるため、特に女性には気になるところだと思います。

当クリニックでは、プライバシーが守れるように仕切りを設置し、あまり周囲を気にすることなく治療を受けていただけるよう配慮いたしておりますので、女性にも安心してご利用いただけます。

リハビリされる患者さまが快適に過ごすことができるよう、室内は明るくし、中待合を設けました。

プライバシーに配慮

ベッド型マッサージ器

ベッド型マッサージ器

「さする」「こねる」「もむ」「おす」「たたく」「なでる」「のばす」の7種類のマッサージパターンを採用した最新のベッド型マッサージ器です。7種類のマッサージパターンに加えて「ワイド噴流」「ゆるやか」を切り替えることできめ細かなマッサージを再現し、リラクゼーションからダイナミックな刺激まで、幅広いマッサージを可能にしています。

また、センサーが身長を自動で検知し、最適な部位をマッサージしてくれます。


当クリニックでは、待ち時間を少なく、快適にご利用いただけるよう、4台のベッド型マッサージ器を導入しております。

このような症状のときに

肩関節周囲炎、頸肩腕症候群、肩こり、腰痛、ストレス解消、疲労回復など


能動型自動間欠牽引装置

能動型自動間欠牽引装置

腰椎牽引の装置は寝て行うタイプのものが主流ですが、腰が曲がってきている患者さまには少しつらく感じるという欠点がありました。

そのため、当院では座ったままで牽引を行うことができる医療機器を導入致しました。

一見すると椅子のように見えますが、下の写真のように徐々にリクライニングし、腰を牽引してくれます。同時にふくらはぎもマッサージされますので、下肢のむくみの改善にもなります。

このような症状のときに

腰痛症、腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛など


すわる 次 リクライニング 次 治療開始

電気刺激装置

電気刺激装置

「低周波」・「干渉波」・「中周波」の3種類の電気治療が1台で行える最新型の電気治療器です。

患部に電気刺激を流すことにより、血行の促進、鎮痛効果が得られます。

肩や首回りは低周波でピンポイントに治療しながら、腰回りは干渉波でもみほぐすような治療を行うということが同時にできます。

治療対象疾患は首から足まで幅広く、いわゆる神経痛から肩こり症状における疼痛の軽減、麻痺領域の痙性の軽減、廃用性筋萎縮の改善など様々です。


使用してみたいと思われましたらいつでもご相談下さい。

このような症状のときに

末梢神経麻痺、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群、肩こり、頚椎症、腰痛症、坐骨神経痛、変形性関節症など


マイクロ波治療装置

マイクロ波治療装置

マイクロ波により、患部の内部から暖めることが出来ます。

この効果によって患部の温度が上昇し、血行が促進されます。

また、温度刺激により新陳代謝も促進され、組織の治癒力を高めます。

このような症状のときに

変形性関節症、腰痛症、坐骨神経痛など


能動型自動間欠牽引装置

能動型自動間欠牽引装置

頚椎を牽引することにより、頭の重さによる頚椎への負担を軽くした状態で、狭くなった骨と骨の間を広げ、神経の圧迫を除圧して痛みを和らげます。

また、頭を固定することで安静な状態を保ち、緊張によって固まった筋肉を緩和します。

このような症状のときに

頚椎症、頸肩腕症候群、頸椎神経根症など


エアマッサージ器  ドクターメドマー

エアマッサージ器  ドクターメドマー

両下肢をマッサージすることにより脚の血行を高め、からだ全体の血液の循環を促進させるエアマッサージ器です。空気室をオーバーラップさせてあり、揉み残し部位のないマッサージが行えます。また、圧力センサーによる制御で、脚の太さには関係なく一定の加圧力で心地よいマッサージが行えます。

このような症状のときに

坐骨神経痛、下肢筋肉痛、疲労回復、血行促進など


キセノン光線治療器

キセノン光線治療器

生体深達に最適とされるキセノン光を高光束・パルス照射することで、幅広い光温熱治療を可能にしています。光による治療のため、非侵襲的で生体内にインプラントなどの金属が入っている場合でも使用可能です。
干渉波との同時治療が可能であり、複合治療による血流改善や疼痛緩和効果が期待できます。

このような症状のときに

筋緊張性頭痛、頸椎捻挫、肩こり、腰痛症、骨折手術後の関節拘縮など


低出力レーザー治療器

低出力レーザー治療器

LLLT(Low reactive Level Light Therapy:低出力レーザー治療)には、神経伝導の抑制、血流の改善、抗炎症などの作用があります。治療中の痛みが無く、低侵襲で、疼痛緩和効果が期待できます。パワー密度が高い180mWの最高出力をピンポイントで照射し、素早く“痛み”の深部に浸透します。

このような症状のときに

腱鞘炎、筋肉痛、関節炎、肩こり、腰痛など


超音波治療器

超音波治療器

2つの超音波技術ULTRASOUNDとLIPUS(Low Intensity Pulsed UltraSound)を融合して生まれたのが、このUST-770です。
ULTRASOUNDは、深部の患部も立体的に加温し、1秒間に100万回~300万回の高速度ミクロマッサージ効果で、深部に直接刺激を与えることができます。
それにより、筋肉痛や関節痛を軽減することが出来ます。
LIPUSは、低出力の超音波を断続的に発振することで筋・腱・靱帯など、損傷を受けた軟部組織を効果的に治療します。また、その音圧による物理刺激を骨折部位に作用させることで骨折の治癒促進効果もあります。

このような症状のときに

骨折、筋肉痛、各種関節痛など


理学療法

理学療法

当院では、病気や事故などが原因で身体の運動機能が低下した方々に対して、理学療法士による理学療法を行っております。

他院での手術後のリハビリテーションをはじめ、運動機能が低下してきた高齢者の方々に対する日常生活動作訓練など、患者様それぞれの健康状態にあわせて運動療法や物理療法、動作訓練などを行っていきます。

ご希望の方は診察時にご相談下さい。


手技療法

手技療法

当院では国家資格を有する柔道整復師による手技療法を行っております。

骨折、脱臼、捻挫、打撲といった運動器に加わる損傷に対し、骨、関節、軟部組織などの変化を発見し、施術による治療を行います。

ご希望の方は診察時にご相談下さい。